妊娠・出産・子育て期の健康に関する情報サイト

厚生労働省

シンボルマーク「すこりん」について

1.シンボルマーク「すこりん」について

平成12年に、(財)こども未来財団が、少子化への対応を推進する国民会議とともに、少子化への対応について社会的な気運の醸成を図るために実施した「少子化への取り組みについての全国キャンペーン」での標語・シンボルマークの募集を行いました。

「健やか親子21」シンボルマークは、この募集で厚生労働大臣賞を受賞された、山形市在住のグラフィックデザイナー松岡英男氏の作品を採用させて頂いたもので、コンセプトは「子どもがのびのびと健やかに、夢と希望を持って、光輝く星のように・・・☆」です。

「健やか親子21(第2次)」では、「すべての子どもが健やかに育つ社会」の実現を目指すこととしています。社会全体で子どもの健やかな成長を見守り、子育て世代の親を孤立させないよう支えていく温かな地域づくりのイメージカラーとして、背景色を第1次の赤から薄緑色に変更しました。

「健やか親子21」が国民運動計画であることから、第2次では、国民の皆様に向けて推進普及体制を強化していくという狙いも込めて、シンボルマークのカラーを変更して、一層普及啓発に力を入れていきます。

「健やか親子21(第2次)」の取り組みを広く知ってもらうために、平成29年にシンボルマークの愛称を募集しました。多数の応募の中から「すこりん」に決定しました。

受賞作品 「すこりん」
名付け理由 「健やかに、リンリンと輝く星をイメージしました。」
応募者   今田拓磨(いまだたくま) 様  佐賀県 

2.「すこりん」の使用について

地方公共団体、健やか親子21推進協議会参加団体、および応援メンバーが使用する場合

「健やか親子21」の趣旨に賛同し、「取組のデータベース」に事業者登録いただくと、「すこりん」のデータをダウンロードすることができ、普及啓発の取組に活用いただけます。​

上記以外の団体が使用する場合

「健やか親子21」の趣旨に賛同し普及啓発に活用する場合は、使用の許可申請が必要です。
使用の許可申請は、健やか親子21「すこりん」使用規定を踏まえ、「すこりん」使用許可申請書を下記提出先に提出して下さい。

健やか親子21「すこりん」使用規定 [PDF]

「すこりん」使用許可申請書 [Word]

【提出先】
厚生労働省子ども家庭局母子保健課
E-mail:sukoyaka21@mhlw.go.jp

3. 注意事項

・カラーで使用する場合には、色は変えないで下さい。
・大きさは拡大または縮小して使用できますが、マークを変形しないで下さい。

4. 一次のシンボルマークから変更する際の注意事項

「健やか親子21(第2次)」のシンボルマークは、2015年(平成27年)4月から使用が開始されています。
すでに作成しているポスターやパンフレット、シール等については、引き続き、第1次のシンボルマークを使用しても差し支えありませんが、順次、第2次のシンボルマークへ変更をお願いします。

すでに第1次で許可済みのポスターやパンフレット、シール等への活用について、 「健やか親子21(第2次)」のシンボルマークを掲載する場合には、改めて使用許可申請をする必要はありません。